カーネーションの花言葉!【失敗しない為】の色の選び方


カーネーションと言えば母の日の定番の花ですが、カーネーションには、色によってそれぞれ花言葉が違い、いろいろな意味合いがあります。

母の日にピッタリの素敵な花言葉を持つ色と母の日には、おすすめできないマイナス的な花言葉を持つ色があります。

今回は、カーネーションの色と花言葉,
また由来について調べてみました。

それでは、さっそくいってみましょう。

カーネーションが、母の日に人気がある理由


なぜ、カーネーションが、母の日に贈られるようになったのでしょうか?

その由来には、諸説ありますが、アメリカの女性活動家アンナ・ジャービスにまつわる話が有名です。

1905年5月9日に亡くなったミセス・ジャービスの追悼式の教会で、娘のアンナは、尊敬する母親の追悼式の祭壇に「母が好きだった」カーネーションを飾りました。

そしてのちにアンナは「母の日」の設立に助力したことから、カーネーションは、母の日の花とされるようになったそうです。

母の日にオススメ出来ない花言葉の色

ネガティブな意味を持つ色

濃い赤・・・「私の心に哀しみを」

・・・「亡き母を偲ぶ」「私の愛情は生きている」「尊敬」

黄色・・・「軽蔑」「嫉妬」「侮蔑」「軽視」

絞り色・・・「愛の拒絶」「私はあなたの奴隷になる」

濃い赤のカーネーションの花言葉


「私の心に哀しみを」「欲望」

濃い赤のカーネーションには、「私の心に哀しみを」という花言葉がつけられています。

これは、赤いカーネーションに「哀れみ」という花言葉がつけられており、プレゼントする花としては、悲しすぎますよね。

白いカーネーションの花言葉


「亡き母を偲ぶ」「私の愛は生きている」「尊敬」

亡くなったお母さんを想う。今でもお母さんを愛しているよ、という意味です。

ですが亡くなった方へ贈る色ですので、生きているお母さんやお義母さんにプレゼントすると、意味がわかるとちょっと大変なことになります・・・・・・。

黄色のカーネーション


「軽蔑」「嫉妬」「侮蔑」「軽視」

明るくて可愛い色なのに、黄色のカーネーションにそんな意味があるとは、びっくりです。

「黄色が好き」な女性以外には、プレゼントとして向かない花色です。

もし、黄色のカーネーションを贈るときは、一言添えるようにしたいですね。

絞り色のカーネーションの花言葉


「愛の拒絶」「私はあなたの奴隷になる」

複色や絞り色と呼ばれるカーネーションがもつ花言葉は「拒絶」。

ネガティブな意味をもっています。プレゼントする」時には、注意が必要です。

母の日にピッタリポジティブな意味の花言葉をもつ色

ポジティブな意味の花言葉を持つ色 

・・・「母への愛」「母の愛」「真実の愛」

オレンジ・・・「純粋な愛」「情熱「」「熱烈な愛」「清らかな慕情」

ピンク・・・「感謝の心」「あたたかい心」「美しい仕草」「気品」

・・・「気品」「誇り」「気まぐれ」「移り気」

・・・「永遠の幸福」

・・・「癒やし」「純粋な愛情」

虹色・・・「感謝」

赤いカーネーションの花言葉


「母への愛」「母の愛」「真実の愛」

赤色のカーネーションの花言葉は、「母への愛」

その他にも、母の日に贈られる定番の色なことから、母親や女性の愛情を表す花言葉をいくつももっています。

オレンジ色のカーネーションの花言葉


「純粋な愛」「情熱」「熱烈な愛」「清らかな慕情」

オレンジ色のカーネーションがもつ花言葉は、「純粋な愛」などポジティブなものばかりです。

どちらかといえば、恋人に向けた花言葉といえます。

大切な人やこれから気持ちを伝える相手に贈りたい花色ですね。

ピンク色のカーネーションの花言葉


「感謝の心」「あたたかい心」「美しい仕草」「気品」

ピンク色のカーネーションには、「女性」を褒める花言葉がたくさんあります。

また、ピンク色自体も女性的な雰囲気をもっていますので、どんな女性へのプレゼントにぴったりです。

他の花色と合わせて、華やかな花束を作ることができますよ。

紫色のカーネーションの花言葉


「気品」「誇り」「気まぐれ」「移り気」

女性らしい強さをもつ方への贈り物なら、「気品」という花言葉をもった紫色のカーネーションがおすすめです。

ただ、「気まぐれ」などネガティブな意味の花言葉もありますので、メッセージカードを添えて渡すと誤解を与えずにすみますよ。

青色のカーネーションの花言葉


「永遠の幸福」

青いカーネーションは1995年にサントリーフラワーズとオーストラリアの植物工学企業で共同開発したもので、人の手によって誕生した、世界で唯一の青色系カーネーションです。

「ムーンダスト」という、素敵な名前がついています。
最近では2009年に「アクアブルー」という、一番淡い青紫色の品種も発売されました。

緑色のカーネーションの花言葉

「癒やし」「純粋な愛情」

緑色のカーネーションには、「癒やし」という花言葉がつけられています。

植物が緑の葉をつけて癒やしを与えてくれるように、緑色には人の気持ちを和らげてリラックスさせる効果があります。

いつも優しく、おだやかな女性におすすめです。

虹色のカーネーションの花言葉

「感謝」

虹色のカーネーション(別名:レインボーカーネーション)は、「感謝」という花言葉をもっています。

品種改良に初めて成功したのはオランダで、白色のカーネーションに虹色の水を吸わせて色付けされたといわれています。

珍しいカーネーションを送りたい方におすすめです。

まとめ

ネガティブな意味を持つ色

濃い赤・・・「私の心に哀しみを」

・・・「亡き母を偲ぶ」「私の愛情は生きている」「尊敬」

黄色・・・「軽蔑」「嫉妬」「侮蔑」「軽視」

絞り色・・・「愛の拒絶」「私はあなたの奴隷になる」

ポジティブな意味の花言葉を持つ色 

・・・「母への愛」「母の愛」「真実の愛」

オレンジ・・・「純粋な愛」「情熱」「熱烈な愛」「清らかな慕情」

ピンク・・・「感謝の心」「あたたかい心」「美しい仕草」「気品」

・・・「気品」「誇り」「気まぐれ」「移り気」

・・・「永遠の幸福」

・・・「癒やし」「純粋な愛情」

虹色・・・「感謝」

色によってさまざまな花言葉を持つカーネーション。

古くから、「美」「女性」「愛」を象徴する花として、女性や母親へのプレゼントに利用されてきました。

プレゼントする際には、できれば控えたい色があります。

ネガティブな意味を持つ色のカーネーションをプレゼントする際には、メッセージカードを添えて、誤解を与えないようにすると安心です。

この記事を読んだ方はコチラも読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする