お盆期間2021年【お盆休みはいつからいつまで】お盆とは何?

社会人にとって、まとまった休みがとれるのは、正月休みやゴールデンウィーク、そしてお盆休みですね。

田舎に帰省したり、お墓参りや旅行にいったりするなど、過ごし方は、人それぞれでしょう。

2021年のお盆休みはいつからいつまでなのでしょうか?

そもそもお盆とは何なのかとか、お盆期間とはいつなのでしょうか?

今回は、それらについて調べてみました。

お盆期間2021年はいつからいつまで

お盆いつ?と迷われている方もいらっしゃるかもしれません。8月に行う地域が多いですが、7月に行うところもあります。(関東の一部の地域では旧暦で考えて、7月13日~16日の4日間にやるところもあります。)

一般的には、8月13日~16日の4日間お盆と呼んでいます。

お盆休み2021年はいつからいつまで

お盆の一般的なお休み期間は、毎年8月13日~16日の4日間です。

山の日は、本来11日なのですが、今年はオリンピックの関係で、オリンピック閉会式の日(8日)に移動して、9日は振替休日です。

8日(日)・・・山の日
9日(月)・・・振替休日

10日(火)
11日(水)
12日(木)
13日(金)・・・迎え盆
14日(土)・・・盆
15日(日)・・・盆
16日(月)・・・送り盆

業種別のお盆休みはいつからいつまで

お盆休みは、業種によって違います。それぞれ見ていきましょう。

市役所・銀行・郵便局・病院のお盆休み


行政機関に勤める市役所の方や、銀行・郵便局・病院の方は、基本的にカレンダー通りの土日祝日のお休みになるようです。

8月14日(土)~15日(日)の2連休

普段通りの休みという感じですが、夏季休暇として、お盆の時期をずらして、何日か休みをもらっているようです。

サービス業・販売業・医療福祉関係のお盆休み


サービス業・販売業の方々にとっては、みんなが休みの時が、稼ぎ時なので、お盆の時期にお休みはありません。

これらの方々もお盆の時期をずらして、交代で夏季休暇をとっていくところが、多いようです。

医療・福祉関係で、入院施設のある病院や入所施設に勤めている方にも、お盆休みはありません。

こちらも同様に、夏季休暇ということで、順番に2~3日のお休みをもらっているようです。
 

一般的な企業のお盆休み


一般企業の場合には、お盆期間と同じ8月13日~16日の4日間になることが、多いのではないでしょうか。 

福利厚生に手厚い会社・製造業のお盆休み


福利厚生に力を入れている大企業や工場などの製造業の会社などでは、生産ラインや機械稼働の関係で、お盆休みの期間は長い場合が多いようです。

8月7日(土)~16日(月)の10連休になるところもあります。

お盆とは?


お盆とは、仏教用語の盂蘭盆会(うらぼんえ)を省略したものです。

日本の古くからの祖霊信仰(それいしんこう)仏教がくっついた行事です。

※祖霊信仰とは、亡くなった先祖が、生きている人の生活に影響をあたえるという信仰

お盆は、8月13日をご先祖様を家に迎える日(盆入り)、8月16日をご先祖様を送り出す日(盆明け)としています。

地域によって迎え方・送り方はさまざまで、灯篭流しをしたり、盆踊りをしたり、花火や爆竹を使うところもあります。京都の大文字焼きは有名ですね。

※大文字焼きは五大送り火又は大文字の送り火とも表現される。

まとめ

お盆休み・お盆期間・お盆について調べてみましたが、今年はどのように過ごされますか?

コロナウィルスの影響で、先行き不透明な状況ですが、状況を見定めて行動していってくださいね。

ちなみに我が家は、サービス業的な仕事ですので、普段と変わりません。Σ(; ・`д・´)

私は、埼玉の田舎の方の出身ですが、兄弟が多くて、末っ子なものですから、お盆・正月には兄・姉が帰省して、大賑わいになり、とても楽しかった思い出が、あります。

この記事を読んだ方はコチラも読まれています